明販広島東

らいおんサンでおなじみの広島市の明治牛乳・乳製品配達

牛乳専門店の『ママンゴ便り』

↑クリック

 

「これは、転ばぬ先の体操です。」

ずっと元気なカラダづくりのためには、毎日のバランス取れた食事と適度な運動は欠かせません。「ミルクで元気体操」は特に転倒予防やバランス能力向上をテーマとして開発しました。例えば、この体操の一つに「とっさの一歩」を踏み出す運動があります。これは、いざという時に転倒を予防するという点で、「転ばぬ先の体操」なのです。

骨や筋肉が衰えている高齢者にとって、転倒は、骨折につながり要介護や寝たきりのリスクを高める、深刻な問題です。実に介護が必要になった原因の10人に1人が骨折・転倒によるものです。高齢による衰弱や関節疾患も合わせると、なんと3人に1人の計算にものぼります。そうならないためにも、バランス良く栄養を摂り、楽しく笑顔で運動を続けることが基本です。

「ミルクで元気体操」を実践していただき、動く楽しさやその効果を実感してみて下さい。

 


まずは、全身の活力を目覚めさせるストレッチです。

自然とあくびをする感じで、全身を気持ち良くストレッチします。

 

転倒予防には、バランスを崩しそうな時にしっかりと「とっさの一歩」が出せるかどうかが最も大切です。

まず片足を上げ、バランスを保ち、リズムに合わせて、足を前や横におろします。



老化は脚から来るとも言われています。いつまでも元気に暮らすために、まずは脚筋を鍛えましょう。

足を軽く叩いて刺激しながら、上体を前に曲げて、足の背部から腰をストレッチします。

転倒の原因である「つまずき」を防ぐには、脚のスネ周りの筋力をつける事が大切。また、骨を丈夫にするには骨の長軸に重みを掛ける刺激が必要です。

つま先上げと軽い弾みをつけたバンザイ運動をします。



肩こり防止には、肩甲骨周りの筋肉を柔軟にすることが一番です。肩甲骨を動かすイメージで肩を回し、ミルクポーズで、胸、腰、アキレス腱などをストレッチしましょう。

健康を維持するには、姿勢を意識することが大切です。

その場で足踏みしながら、腰、肩、頭の上で手を叩きます。